中澤WEB会員限定メルマガ 2020.12.25 配信

 

COLLECTION 13

 

◎ どこへ消える来年以降の忘年会・年末年始のあいさつ回りも消滅だ 世の中のコロコロ(コロナウイルス)第三波への対応が緊迫化してきている。そのため、忘年会の需要は激減。およそ95%の減少だという。これには企業がらみの忘年会が90%を占めていることが判明している。おととしあたりから、忘年会スルーなどという言葉が SNS などで溢れていたが、もともと、忘年会なるものを忌避する風潮もあったところで、このコロコロ騒ぎだ。一度止めれば、これも定着しかねないのが日本の慣習でもある。忘年会需要だけで軽く億単位のお金と何万キロリットル単位のビールからなにからが消費されているが、この需要の飛んでいく先はあるのだろうか。 およそ、元売さんも商社さんも今年の年末フレーズは「コロナ第三波のなか、年末挨拶は遠慮させていただきます。新年会も予定はカットとなりました。 SS ではハードな毎日ですが、大晦日まで頑張っていただき、皆さま、静かな年末年始をお過ごしください」に変化している。 大手特約店さんも、販売店主への年末激励挨拶は・・・・

 

===この内容は購入することが出来ません。プランへのお申し込みが必要です===

 

 

 

 

2020/12/25 出光は引っ越し終了:どこへ消える来年以降の忘年会・年末年始のあいさつ回りも消滅だ

  • このメルマガは非売品となります。

    内容をお読みになるには、有料メルマガプランへご登録して過去記事の一覧からお読みください。