中澤WEB会員限定メルマガ 2021.8.20 配信

 

COLLECTION 29

◎水素ガス市況は高低アリアリ・ e-fuel など夢のまた夢じゃないの 「弊社はキロ当たりの 水素ガスの仕切りが 3000 円 。そこで、安い水素の業転玉はないかね」と切り出したのは遠隔地とされる 九州の水素ステーション運営者。 通例のレートで言えば、 SS 売り価格が イワタニがキロ当たり 1100 円 、 ENEOS はキロ当たり 1000 円(いずれも税抜き) となっているが、さすがに 搬送距離が 300 キロ超の遠隔地 となれば、仕切値でも約 3 倍強に跳ね上がるというのが実態。 やむを得ず、完全赤字状で 仕切りイコールで販売 しているというが、これではかの地で 40 台以上も走行しているトヨタ・ミライの富裕層ユーザーが可哀そうでもある。 満々充填で都市部ながら 5500 円 で、なおかつ 650 キロほど走行できる水素カー。これが 遠隔地では満々で 15000 円 ですかね。しかも、水素ステーション自体はセルフ運用が可能であるが、それには資格者在籍の SS が隣にあるという条件がつく。富裕層さまにはセルフは失礼だと、 SS から駆け付け注ガスしているとの・・・・

 

===この内容は購入することが出来ません。プランへのお申し込みが必要です===

 

 

 

 

2021/08/20 水素ガス市況は高低アリアリ・ e-fuel など夢のまた夢じゃないの

  • このメルマガは非売品となります。

    内容をお読みになるには、有料メルマガプランへご登録して過去記事の一覧からお読みください。