中澤WEB会員限定メルマガ 2021.9.27 配信

 

COLLECTION32

 

◎再生エネルギー対応に急ぐ企業群・商社の花形ビジネスもこれに置き換わる この秋、 元売や商社などが再生エネルギー対策 に動き出している。 エネクス は環境対応策も含めて リニューアブル燃料課(直訳では再生可能燃料課)、自動車系のモーターソリューション部にプラットフォーム戦略課、電力金融ビジネス部に地域創生課 を新設した。 元々、電力部門には傾注していたが、ここに燃料系のベテラン統括者を投入する。さらに注目は、HL部門の工業ガス分野でエアクラフト機器事業部の動きが出てきたこと。 また、石炭火力発電の残滓であるフライアッシュが東日本大震災後に急増したことから、この受け皿としてカノウFAをニチユウと合弁して運営しており、ここでのフライアッシュを回収と改質。アスファルト道路工事の地盤材としてリサイクルビーズにして販売する業務を、防府で展開済み。 さらに 船用の次世代燃料開発にも引き続き傾注 する。 アドブルーに次いで伊藤忠が手掛けているGTL(ガスtoリキッド) は、東急などの大手コンストラクタで採用が決まっており、 環境対策に敏感にならざるを得ない大手ゼネコンには売り込み が盛んになってきている。 いまや、燃料商社内でも既存の化石系燃料を扱う人材よりも、・・・・

 

===この内容は購入することが出来ません。プランへのお申し込みが必要です===

 

 

 

 

2021/09/27 再生エネルギー対応に急ぐ企業群・商社の花形ビジネスもこれに置き換わる

  • このメルマガは非売品となります。

    内容をお読みになるには、有料メルマガプランへご登録して過去記事の一覧からお読みください。